Google

←HOME

お問い合わせサイトマップ各社のWebへ

ロックウールとは製品紹介環境・安全工業会の概要トピックス
環境・安全

ロックウールとアスベストはまったく違うもので、
ロックウールは安全な製品です。

ロックウールの安全性

ロックウールとアスベストの違い

ロックウールと天然に産出するアスベスト(石綿)は全く違うものです。

顕微鏡写真

ロックウールは人造の鉱物繊維で、繊維径が太く、体内へ吸入されにくいため、WHOの下部機関であるIARC(国際がん研究機関)は、2001年に「発がん性に分類しない評価の“グループ3”」としています。

IARCによる発がん性評価
グループ1 人に対し発がん性あり アスベスト(石綿)、たばこ、カドミウムなど
グループ2A 恐らく人に対し発がん性あり ホルムアルデヒド、紫外線、ディーゼル排気ガスなど
グループ2B 人に対し発がん性の可能性あり コーヒー、ウレタン、スチレンなど
グループ3 人に対する発がん性について分類しえない ロックウール、グラスウール、ナイロン、ポリエチレン、お茶など
グループ4 恐らく人に対して発がん性なし カプロラクタム1品種のみ

アスベスト(石綿)

天然鉱物繊維(結晶質)

繊維径 約0.1〜0.03マイクロメートル(μm)

維径が極めて細いため、空気中にただようアスベストを吸い込むと肺の奥深くまで入り込み、体外に排出されずに中皮腫などの発がん性が問題化している。

ロックウール(非結晶)

人造鉱物繊維

繊維径 約3〜6マイクロメートル(μm)

繊維径がアスベストに比べて数十倍〜百倍太いため、体内に吸い込みにくく、万が一入ったとしても容易に体外に排出される。

コーヒーより安全?!

WHO(World Health Organization)の下部機関である国際がん研究機関(IARC)では、2001年にロックウールを「人に対して発がん性の分類をすることができない“グループ3”」とし、評価しています(コーヒーはグループ2に分類されますから、コーヒーより安全ということです)。

環境面でも優等生

省エネ効果

優れた断熱効果で冷房や暖房などの生活エネルギーを大幅に減らし、省エネによるCO2削減に貢献しています。

リサイクル可能

ロックウール製品の廃材もリサイクルでき、廃棄物の削減に寄与しています。

「グリーン購入法」断熱指定商品

「国等による環境物品等の調達等に関する法律」(平成14年グリーン購入法)に基づく特定調達品目の中に公共工事があり、その中に「断熱材」の項目があります。下記の判断基準に該当した場合、ロックウール断熱材製品は特定対象品目となります。

※上記基準に該当する製品につきましては、会員メーカーへお問い合わせください。

▲Up to Top

環境・安全

ロックウールQ&Aロックウール全般吹き付けロックウール巻付け耐火材
カタログ・資料 ダウンロード
断熱バンド ザ・ロックウールズ
住宅用ロックウール断熱材・防音材
ロックウール吸音天井板
ロックウールの法則を知っていますか?(節電効果)
ロックウール天井板の吸音効果
ロックウール製品の特性と取り扱いPDF
アスベスト(石綿)関連情報
ロックウール工業会
Rock Wool Association Japan
〒111-0052
東京都台東区柳橋2-21-13
東洋ビル4階
TEL:03-5835-2569
Google Map を見る