Google

←HOME

お問い合わせサイトマップ各社のWebへ

ロックウールとは製品紹介環境・安全工業会の概要トピックス
住まいとロックウール

『 ロックウールの法則 』を知っていますか?

「ロックウールの法則」は、ロックウール断熱材を使った家なら「CO2を5割以上削減」できるだけでなく、「節電効果」「冷暖房費の削減」「快適な住環境」も同時に実現できてしまう幸せの法則です。

ロックウールは火にも強いよ!

CO2 &冷暖房費、どれだけ削減?

CO2の場合

実に、年間約3.0トン(70%)の削減効果が期待できます!

年間約3.5トン(63%)の削減効果が期待できます!

杉216本がCO2を吸収する量の削減!

*出典:「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」(環境省/林野庁)

節電効果 エネルギー消費量に換算した場合

実に、60%以上の節電効果が期待できます!

実に、60%以上の節電効果が期待できます!
断熱材の
入っていない家
=> 7,356kWh(年間)
「住宅用ロックウール
断熱材」を入れると
=> 2,230kWh(年間)

5,126kWh(69.7%)
節電!!

冷暖房費に換算した場合

実に、年間約11万円の削減効果が期待できます!

実に、年間約17万円の削減効果が期待できます!
断熱材の
入っていない家
=> 16万2千円(年間)
「住宅用ロックウール
断熱材」を入れると
=> 4万9千円(年間)

家計11万3千円
節約!!

快適な住環境を実現

ロックウール住宅用断熱材を使えば冬暖かく、夏涼しい家になります。

冬暖かく、夏涼しい家
冬暖かく、夏涼しい家.

地球のことを考える
あなたの願いがきっと叶います。

地球のことを考えるあなたの願いがきっと叶います。


数値は、当工業会のシミュレーション調査の結果です。

等級4(平成11年省エネルギー基準)の家を建てた場合のシミュレーション結果。
※札幌(Ib地域)で計算。

シミュレーション条件
使用ソフト 室間温熱解析ソフト『TRNSYS_J』(株)クアトロ社製
住宅モデル (財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)
「住宅事業建築主の判断基準/暖冷房熱負荷計算」の計算プランに準拠
(木造軸組工法2階建住宅 延床面積:120.07[m2]
/窓・扉面積: 25.27[m2]/壁面積:147.02[m2])
室内温度設定 暖房20.0℃、冷房27.0℃(相対湿度60%)
断熱材 ロックウール断熱材は等級4(平成11年省エネルギー基準)で計算
仕様 断熱材がない家 等級4の家
( Ib地域(札幌))
ガラス窓 単層ガラス
熱貫流率6.31[W/m2K]
LowEガラス
熱貫流率
2.33[W/m2K]
換気回数 1.0回/h 0.5回/h

▲Up to Top

ロックウールQ&Aロックウール全般吹き付けロックウール巻付け耐火材
カタログ・資料 ダウンロード
断熱バンド ザ・ロックウールズ
住宅用ロックウール断熱材・防音材
ロックウール吸音天井板
ロックウールの法則を知っていますか?(節電効果)
ロックウール天井板の吸音効果
ロックウール製品の特性と取り扱いPDF
アスベスト(石綿)関連情報
ロックウール工業会
Rock Wool Association Japan
〒111-0052
東京都台東区柳橋2-21-13
東洋ビル4階
TEL:03-5835-2569
Google Map を見る