Google

←HOME

お問い合わせサイトマップ各社のWebへ

ロックウールとは製品紹介環境・安全工業会の概要トピックス
ロックウール吸音天井板の吸音効果

ロックウール吸音天井板による音環境の改善

「ロックウール吸音天井板」と「クロス仕上げ(せっこうボード下地)」の部屋における音環境の違いを見てみましょう。

音の響きの適性化

音の響きを適度に調整することができます。

響きすぎる部屋では話しにくく聞きとりにくい

よけいな神経を使い、特に高齢者に負担

手を叩いて、響きをくらべました。
A:天井に
「ロックウール吸音天井板」

(せっこうボード下地)
B:天井に
「クロス仕上げ」

(せっこうボード下地)
適度な響きになっています。
(イメージ図)  

音ファイルを開く

適度な響きになっています。

音が響きすぎて聞きとりにくい音環境になっています。
(イメージ図)  

音ファイルを開く

音が響きすぎて聞きとりにくい
音環境になっています。

人の声の明瞭化

騒音を小さくして、人の声を聞きやすくする効果があります。

人の声:音域 250〜1,000ヘルツ

騒音:音域 1,000〜10,000ヘルツ(騒音源:エアコン、換気扇、冷蔵庫など)

実験2:2つの部屋の中で、「単音」と「ホワイトノイズ」を同時に発生させました。

人の声域の代表として「500ヘルツの単音」と、騒音の代表としてホワイトノイズを用い、模型箱(50cm立方体)内の音を比較しました。

A:「ロックウール吸音天井板 (全面施工)」
(せっこうボード下地)
B:「クロス仕上げ (全面施工)」
(せっこうボード下地)
01

注釈:ノイズがカットされ、キレイな波形になっています。

 単音が明瞭に聞きとれます。
(イメージ図)  

音ファイルを開く

単音が明瞭に聞き取れます。

01

注釈:ノイズが混ざって、ギザギザした波形になっています。

単音の明瞭度が低く、聞きとりにくくなります。
(イメージ図)  

音ファイルを開く

単音の明瞭度が低く、
聞き取りにくくなります。

▲Up to Top